あのマークはなあに? 街でよく見るブランドロゴの正体

春です。

めでたく大学に合格し、新しい生活を始めるという人も多くいるのではないでしょうか。

上京して、街を歩きます。一週間くらい歩きます。そうすると、こんな風に思うことが多くなってくると思います。

「あの人が着ている服のロゴ、よく見かけるなあ…」

私は地方出身ですが上京したばかりのころは困ったものです。地元では見たことのないブランドロゴを見かける上、とにかく頻繁に見るのですから。高校時代は野球部で、学ランとジャージとユニフォームしか着ていなかった人間に「あのブランドも知らないのか!」と言われても…

今回は、上京当初◯|◯|を「オイオイ」と読み、HERMESがエルメスであると知らなかった私が、よく見かけるブランドロゴについて全力で説明させていただきたいと思います。ぜひとも、最後まで信頼してお付き合いください。

1.Ralph Lauren(ラルフローレン)

1

出典:https://fassione.com/job/295/

一度は見たことがあるのでは?小中学校の夏の授業参観とかで、友達のガタイのいいお父さんが着ているポロシャツは大抵ラルフローレンです。アメリカのブランドで、ブルックスブラザーズと並ぶアメリカントラディショナルの本家。歴史と伝統のあるブランドのため、百貨店の中に店を構えることが多いです。

直営店で新品を買うのもいいですが、少々お高い。古着屋に置いてあることが多いので探してみるといいかもしれません。(ただし古着は大抵サイズが大きい)

「え、これ中学校の時に着ていた学ランについてたよ?」

2

出典:http://www.bhpc-jp.com/

と思った方。惜しいです。これはビバリーヒルズポロクラブという学生服のメーカー。

2.Abercrombie & Fitch (アバクロンビー アンド フィッチ)

3

出典:http://naoche.minibird.jp/california/fashion/392/

通称「アバクロ」。「A&F」などと記されることも。こちらのヘラジカのマークをよくみるはず。首都圏では、銀座に直営店があります。店員が全員と言っていいくらいとにかくマッチョで、店内は香水の匂いが立ち込めています。

4

出典:http://ur2.link/yOlG

店内は薄暗かったり、メンズフロアの方がレディースフロアより下層階にあったりいろいろと常識を覆しているブランドです。あと、夏服も冬服も、一般的な服より生地が厚いような気がします。

「A&F」?これは?? と思った方。鋭いです。

5

出典:http://swangarden.jp/shopguide/_aandf/

こちらは有名なアウトドアメーカー。全く別物のブランドです。

3.HOLLISTER (ホリスター)

6

冬はあまり見かけませんが、夏になると急増します。このカモメのマーク、大学でよく見かけるようになるはずです。先ほど紹介したAbercrombie&Fitchの姉妹ブランド。こちらはいわゆる西海岸ファッションっぽい感じです。サーファーなど、海に関わるスポーツをする人たちには特に人気のよう。国内では横浜、新三郷、船橋のそれぞれのららぽーとに店を構えています。

4.American Eagle Outfitters(アメリカンイーグル)

7

出典:http://value-design.net/wordpress/?p=534

鷲のマークの大正製薬…ではなくアメリカンイーグル。表参道や池袋、お台場のダイバーシティなど、国内に16店舗あります。

ポケモンだったらTwitterのロゴの鳥がLv.36くらいで進化するとあれになりますね、多分。

8

だんだんと説明が雑になって参りましたがまだまだ行きます。

5.R.NEWBOLD (アール・ニューボールド)

9

出典:http://g-w.st/brand/2200/R.NEWBOLD%E3%80%80/

カラオケでハモりがちのアラジンのテーマソング…それは「ホール・ニューワールド」ですね。失礼。

元々は、Paul Smith(ポール・スミス)の服の一部を製作していたファクトリーで、その廃業に伴いポール・スミスが買い取ったことから生まれたブランド。まあ、ポールスミスのカジュアルラインだと考えてとりあえず大丈夫です。

何かに似ていますよね。

10

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/200043/blog/4318722/

フランスの自動車メーカー・プジョーに似ていませんか?どちらもライオンのロゴですが、これらは左右が逆で、R.NEWBOLDの方は冠っぽい何かを装着しています。

ちなみに、このように並べると

11

Michael JacksonのThrillerのダンスをしているように見えます。

12

出典:YouTube

6.LACOSTE(ラコステ)

13

出典:http://brand-note.com/france/lacoste/

ワニのマークといえばこれ。創業は1933年、ラコステというテニスプレイヤーが設立したブランドです。こちらも、ポロシャツを着ている人を見ることが多いのでは?

こちらは、最も注意が必要です。こんなブランドがあるからです。

14

出典:http://www.adonis1996.jp/brand.html

こちらのブランドは「CROCODILE」(クロコダイル)。ラコステのワニとは逆向きで、心なしかこちらのワニのほうが獰猛な気がします。

並べると

15

そっくりです。

高校のとき英語の先生がクロコダイルのポロシャツを着ていて、

「先生!それのポロシャツってラコステですか!」と言ったら

「違うよ。クロコダイルだよ」と言われ、違うのかよ!ってかクロコダイルってそのまんまじゃないかよ!って友達とツッこんだのを覚えています。

おわりに

いかがでしたか?よく見るロゴについて正しい知識を得ておくのはもちろん大切ですが、似ているロゴを探しながら生活するのもなかなか楽しいものです。

「あのロゴ、あれに似てる!」

そんな発見のある毎日になることを願っています。

「そういえば、なんだっけ、あの、モサモサした木にブランコが下がっているロゴ…」

16

なんのロゴだかわかりますか??

おわり

※なお、今回記事の中で取り上げさせてもらったブランドロゴは間違いやすいものも含めて、全てが立派なブランドです。片方が本物で、などということではありませんので注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です