リアル大学生の1日

春から大学生活がスタートするみなさん!

 

サークル活動やアルバイト、

高校生とは違った自由な生活に憧れていませんか?

 

授業やテスト、新しい環境に不安を感じていませんか?

 

新入生のみなさんに輝かしい大学生活のスタートを切ってもらうために、

われわれ広告研究部員の色んなライフスタイルをご紹介します!

 

新入生だけではなく、大学生活に行き詰っている方も必見です。

 

さあ、

あなたに合ったライフスタイルを探しましょう!

 

バイター広研員Aさんの1日

 

 

午前の授業が終わってから広研の活動が始まるまでの時間を

アルバイトに充てているAさん。

 

空いた時間を有効に使って、

いっぱい遊ぶためのお金を稼ぐのもありですよね。

 

 

そんなAさんからのアドバイスは

 

「シフトが自由に入れられやすいバイトを選ぶこと!」

 

 

アルバイト選びも1日を充実させるためのコツなんですね…!

 

ニート広研員Sさんの1日

 

 

アルバイトをしていないという(いわゆるニートな)Sさん。

 

授業が終わってから広研の活動が始まるまでの空きコマで

 

テスト期間は図書館で勉強したり、

広研の友達と遊んだり、美容院に行ったり…

 

空いた時間を充実させつつ、サークルにも熱心に参加しているそうです。

 

活動終わりにみんなでガストやラーメン屋さんに行くのが楽しみなんだとか!

 

 

そんなSさんからのアドバイスは

 

「広研みたいに、ただ遊ぶだけじゃないサークルに入っていると

学校生活が充実すると思います。 サークル選びが大切!」

 

 

アルバイトをしていない分、自分の自由な時間を有意義に活用できますね!

 

兼サー広研員Rさんの1週間

 

サークルを掛け持ちしているRさんには、

1週間のスケジュールを教えてもらいました

週3のアルバイト

週2の広研

週1のバドミントンサークル

 

これらの予定が1番ハードなときの1週間のスケジュールだそう。

 

 

そんなRさんからのアドバイスは

 

「広研の活動は週に2回あるので、

火曜日に行けなくても金曜日は行けるようにしたり…

兼サーやアルバイトを頑張りたい人にもオススメのサークル!」

 

 

大学生活はたったの4年間。

色んなことに挑戦してみるのもいいですね!

 

???広研員Kくんの1日

 

 

なかなか活動に顔を出さないレアキャラのKくん。

ライターの興味本位で彼にもインタビューしてみました。

 

11時に起床し、

3限(または3限の途中)に登校。

 

授業のあとは、17時から24時までアルバイト。

 

その後、1時から飲みに行き、5時に帰宅。

7時に就寝。

 

…昼夜逆転生活ってやつですかね?

 

 

そんなKくんからのアドバイは

 

「やりたいこと、優先順位を考えて自分らしい生活リズムを作ろう。

大学はやらされる場所じゃない。やる場所。

いやヤる場所って意味じゃないよ。やる場所。」

 

 

そんなこと言ってないで、活動にも来てくださーーい!

 

おわりに

 

いかがでしたか?

 

自分に合った憧れのライフスタイルは見つかったでしょうか。

 

 

サークル選びに迷っているという方は、

 

4月6日に広告研究部が主催する

START RUSH FESTIVAL 2017

という新入生向けイベントについての記事も合わせてチェックしてみてください!

 

 

そしてもし、

あなたのライフスタイルの中心に広告研究部があったら嬉しいです…!

 

最後の最後まで、

ご精読ありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です