2014.5.27

writer:ひーこ

実はカワイイ!サボテンの意外な魅力

みなさん、サボテンを育てたことはありますか?
先日あの「伊豆シャボテン公園」に行き、まんまとサボテンの可愛さに目覚めてしまいました。
というわけで今回はサボテンの魅力について淡々と語っていきたいと思います。

サボテンかわいい

カワイイポイントその1・花

サボテンには様々な種類があります。
もちろん長いものや丸いもの、刺の固いもの柔らかいものといったサボテン自体の違いはありますが、特徴的なのは「花」です。
意外とみずみずしい花を咲かせるのですが、種類によって形も色も異なります。
いろんなサボテン

写真はシャボテン公園内のサボテン狩りコーナーです。
小さくても一生懸命咲いていてカワイイです。

カワイイポイントその2・トゲ

サボテンのトゲが何のためにあるか知ってますか?

さて、サボテンのトゲですが、これは葉が変形したモノといわれています。このトゲは、外敵から守る意味もありますが、トゲが冷却装置の役目を担っていて、強い日差しを散乱させ、表面温度を下げるのに非常に役立っています。このトゲを全部とってしまうと、サボテンの表面温度は10℃も上がってしまいます。

あと、トゲには、空気中から水分を取る機能も備わっています。その詳しい仕組みは解明されていないのですが、静電気に帯電した空気中の水分子が、トゲの先端に電気的に吸着されるのです。サボテンのトゲがこの機能を備えているおかげで、朝夕に霧が発生する地域であれば、サボテンは雨が降らなくても生き続けることができるのです。

中学生のための雑学うんちく集

なんかよくわからないけどすごい。
植物の中でも、かなり不思議な進化を遂げたようです。
ちなみに手で撫でられるほど柔らかいものもありますが、刺さると抜けなくなることもあるのでスキンシップはほどほどに。痛いし。

カワイイポイントその3・育てやすさ

そしてなんといっても、育てやすさに注目です。
砂漠で自生しているとはいえ、彼らも植物です。水分なしでは生きられません。
では、どれくらいの頻度で水やりをすればよいのでしょうか?
シャボテン公園でいただいたパンフレットによると、

・3~5月、7~10月・・・月に1~2回たっぷり
・11~2月・・・10日~2週間に1回濡らす程度
・梅雨(6月)・・・あげなくても大丈夫

たったこれだけで生きていけるというのです。健気すぎる。
ちなみにこのパンフレットは、シャボテン公園内のサボテン狩りコーナーにてサボテンを購入するともらうことができます。
シャボテン公園についての詳細は割愛しますが、サイトのURLだけ貼っておきますね。

寄せ植えも可能。最高にカワイイ。
よせうえできるサボテンかわいい

そんな魅力とトゲにあふれたツンデレ植物サボテン、花屋さんでも安価で売られています。
手がかからないので、一人暮らしにおすすめ。あなたを静かに見つめ、良き相棒となってくれるでしょう。