青春18きっぷで行こう!のんびり電車旅 #3 「併せて使いたい小技集」

青春18きっぷを使った旅を全力で薦める当シリーズも3回目。嬉しいことに、少しずつですが反響があり、筆者は小躍りする日々を過ごしております。

第一回は「青春18きっぷとは何なのか」第二回は「ムーンライトながらの強さ」をご紹介してきましたね。

第三回は、さらにさらに青春18きっぷを活用する小技を紹介していきたいと思います。3回分を読めば、旅の範囲やコストパフォーマンスがぐっと広がるはずです。

 

“ワープ”を使って高速移動

“ワープ”という技をご紹介します。こちらは、鉄道好きや旅好きの間ではかなり有名な手段。

課金する必要がありますが、安く早く移動する有効な技です。

広義では、飛行機、船、新幹線などの有料特急を一定区間だけ使って時間を節約することを指しますが、今回は「新幹線ワープ」に絞ります。

 

「え、ここまで安い旅を薦めておいて今更新幹線使うとか、よもや許すまじ」

とおっしゃる方もいるかと思いますが、とりあえず最後まで読んでもらえると嬉しいです。

新幹線には、「特定特急料金」という制度があります。それは、隣り合う駅、もしくはかつて隣り合っていた駅の間の一駅分の特急料金は安くなる、というもの。

例えば、下の写真は、兵庫県の相生駅—岡山駅間を、新幹線と在来線で比べたものです。

アートボード 1

在来線では1時間かかるところ、新幹線では17分という恐ろしい速さで移動できます。しかも、新幹線を使っているのに料金は¥2110。費用対効果としてはまずまずだと思います。つまり、新幹線を安く使って一定区間だけ高速移動する、これがワープです。

大都市圏などでは交通網が発達しており、乗り換え時間を考えなくても電車に乗れますよね。しかし、地方となると、そうはいきません。乗り換え時間が長時間なこともザラです。

各駅停車だとめっちゃ駅数もあって時間かかるけど、新幹線だと一駅じゃん!という区間を見つけたら、ワープの効果が非常に高い区間だということになります。

 

行きはゆっくりと車窓を眺めながら鈍行の旅を楽しみ、帰りはワープでスーイスイ。そんな使い方がオススメです。

 

おまけですが、こんな事実もあります。

IMG_8159

こちらは、静岡県の三島—浜松間を新幹線で通る場合のものです。静岡県は首都圏から近く乗る回数が多いため飽きてしまう上、東西に長いので電車旅の中では山場と言われています。¥4750と少し高めですが、急ぐ場合はこの区間をワープしても良いと思います。

 

しかし、です。こちらの写真をご覧ください。

アートボード 1

こちらは、同じ三島—浜松の区間ですが、「三島—静岡」と「静岡—浜松」の別々で新幹線の切符を買った場合のものです。お気づきでしょうか。同じ区間にも関わらず、¥500安くなっています。

なぜかといえば、これは切符を買ったそれぞれの区間では特定特急料金が適用されているから。途中、静岡駅でわざわざ降りる必要はありませんし、電車に乗る区間は乗車券も特急券も買っているので、車掌さんが切符の確認に来たら、その時乗っている区間の切符を見せればOK。

 

 

北海道新幹線オプション券

1455899752

 (写真:Google検索から)

 

かつては、青函トンネルを在来線で通過することができました。昨春、鉄道ファンの間で涙の別れとなった「はまなす」などが有名でした。

「ああ、これで、青春18を使って北海道に行くことができなくなったのかあ…」

と、肩を落としていた方に朗報です。JRは、「北海道新幹線オプション券」という切符を販売しています。青春18きっぷを持っている人なら、片道¥2300を支払うことで、特別に津軽海峡の区間、北海道新幹線を使って移動できるというチケット。

とはいえ、接続自体はあまりよくありません。青森—函館間で6時間ほどかかるダイヤもあるので、本当に鉄道が好きで、その“不便さ“を楽しみたい、もしくは鉄道だけで北海道を目指したいという方以外には、少し辛い旅路になる覚悟が必要かもしれません。

JR北海道 説明ページ

 

 

 

「青い森鉄道」の通過

aoimori_il01

 (写真:

http://www.tacy.co.jp/products/example/aoimori.html から)

 新幹線の開業・延伸やJRの経営改善によって、全国では地方路線の第三セクター化が進んでいます。青森—八戸の結ぶ青い森鉄道も、東北新幹線の開業に伴い経営が分離された路線の一つです。

第三セクターの鉄道はJRではないので、青春18きっぷは当然使えません。しかし、青い森鉄道の区間に関しては、「JR線への乗り継ぎを目的に通過する場合」に限り、青春18きっぷで乗ることが可能です。つまり、JR線への乗り継ぎがある、青森駅、八戸駅、野辺地駅の3駅で降りる場合のみ、通過区間の運賃は青春18きっぷでまかなうことができます。

「通過する場合のみ」という条件なので、JR線への乗り継ぎのない駅で降りてしまうと運賃が発生してしまいます。注意してください。

青い森鉄道 よくあるご質問

 

 

JR西日本 宮島フェリー

17335574934_157f9bf032_o

 (公式ホームページから)

青春18きっぷと聞くと、電車のイメージが強いはずです。当然ですね。しかし、実は、青春18きっぷを持っていると使える特典は他にもあるんです。その一つが宮島フェリー。広島の観光スポット・宮島を運行するフェリーを、遊覧船感覚で使いことができます。片道¥180なので大きなお得感はないかもしれませんが、少しでも節約したい貧乏旅行には大きな味方になります。

フェリー乗り場は、JR広島駅から山陽線で30分の宮島口駅から徒歩6分。

JR西日本宮島フェリー 公式ホームページ

 

 

青春18きっぷで使えるテクニックはまだまだたくさんあるのですが、今回はこのくらいでご容赦ください。ほんの少しかもしれませんが、18きっぷの使い方の幅が広がったのではないでしょうか。

以上、3回に渡って青春18きっぷの旅に役立つであろう豆知識をご紹介してまいりました。少しでも、「ためになった」「旅がしたくなった」という方がいらしたらこれに勝る幸せはありません。

みなさんの旅が良き旅になることを願って…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です