Twitterをやめたら生活が激変した件

最近、Twitterやめました。

アカウントは残っていますが、iPhoneからアプリを消しました。告知とか、記事の拡散のときだけパソコンで拡散するツールとして使っています。

 

以前は生活と切り離せないくらいのヘビーユーザーであった私ですが、最近になって周りの友人が立て続けに4人もTwitterをやめ、彼らの話を聞いたことからアプリのアンインストールに至りました。

「やめた瞬間の心境は」「現場では何が起こっていたのか」

今回は、ある特殊な情報ルートから、最近Twitterをやめた4人の独占取材に成功しました。

彼らの証言から、Twitterの意義について、もう一度考え直してみましょう。

 

1.Twitterの利点

こんな記事を書いている私もこの間までTwitterを食い入るように見ていたわけで、楽しさは知っています。まずはここで、Twitter賛美派の声を聞いてみましょう。

 

利点

よく聞く意見としては、このようなものが代表的ではないでしょうか。

私は、☆印の理由が一番でした。

 

2.やめた理由は?

では、ここで、最近Twitterをやめた私の周りの人の話を聞いてみましょう。

他人の一喜一憂

確かに。

「もうこんな時間か…眠い…」とか「マヂムリ。。。リスカしょ。。。」

とかツイートされても、、困ってしまう気持ちはわかります。

LINEいらいら

これはあるあるではないでしょうか。

「お前、スマホ使えないからLINE返せないんじゃないのかよ!Twitterやってるじゃんよ!ワロタwwじゃねえよ!」ってなりますよね。

このような場合、Twitter上で「LINE見て」と返信をするのが非常に効果的ですが、なんだか相手に落ち度を突きつけているようでいい気分はしません。自分は悪くないはずなのになにこの心境…っていうストレス、感じたことのある人も多いと思います。

時間のむだ

Twitterは更新頻度が高く、FacebookやInstagramに比べてすぐにタイムラインが充実してきます。少しの時間見ないだけで投稿がたまるので、時間を取られてしまうことが多くなってしまうかもしれません。

無くても困らない情報

一度やめてみると、意外とこう思ったりします。

 

 

3.やめた結果

 

やめた結果

実際にやめた人からは、以上のような声を聞きました。

りょうた

 

こんな意見もあります。

今回紹介したのはあくまで、膨大なTwitterユーザーのごくごく一部の見解であり、批判しているわけではありません。簡単な発信、膨大な情報の入手、リアルタイムな情報など、Twitterのよさはたくさんあり、全世界を席巻している理由はよく分かります。そもそもTwitterがなくなったらこのサイトの記事も発信されなくなってしまいますので(笑)

ただ、ここで一度、Twitterとの付き合い方を考える契機になってもらえればと思います。

やっぱり必要だと思ったらまたインストールすればいいわけで、一度、アンインストールしてみることをおすすめします(^-^)

 

最後に、「Twitterやめようぜ」みたいな記事をTwitterで拡散している矛盾にだけは、目を瞑ってください…!!
いたちごっこ

21歳 学生 Let’s endo again さんより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です